小顔になりたい人必見!美容整形の種類とメリット

アーチインフラクチャー法とは

アーチインフラクチャー法は、頬の骨を削ったり切除することによって、患者の希望するフェイスラインにすることが出来る方法になります。この方法は、頬骨の「弓部」と呼ばれる薄い骨を切除して、顔の内側に移動させることによってほっそりとした小顔効果が得られます。チタンプレートやワイヤーなどを使って固定をしないので、体への拒否反応といったリスクはありませんが、人によっては固定がうまく行かず術後にフェイスラインが歪んでしまうといった可能性もあります。

エラ骨削りのメリットとデメリット

顔の特に正面から見た時に、大きく見えてしまうことでお悩みの方に適している方法として「エラ骨削り法」というものがあります。エラ骨が出っ張っていると、顔が四角く見えてきつい印象を与えてしまいます。この手術は、下顎の角部分にある骨と「外板」と呼ばれる部分を切除することで、つるんとした曲線のフェイスラインにすることができます。なおこの方法は、口の中から行なうので、手術の跡が外からは見えない点がメリットとして挙げられます。

フェイスライン整形の修正手術について

フェイスライン整形は、美容整形の中でも大掛かりになることが多い方法のひとつです。そのため、失敗してしまう可能性や後遺症といったリスクも避けられない問題です。そこで、修正手術というものが適用される場合があります。しかし、受けるためには様々な条件があります。その1つにダウンタイム中は修正手術を受ける事が出来ないといった点です。修正を希望する場合には、ダウンタイムが落ち着き、数が月経った後にドクターから許可が出れば受けることが可能となります。

近年特に、恵比寿の美容外科が注目されています。アンチエイジング施術に特化した美容外科を筆頭に、シミ取りを始めとした、レーザー治療にこだわるクリニック等、無駄なく通える点が人気の理由です。