美容整形をするなら、プチ整形とメスを使った整形のどちらがいいの?

メスを使わないから、手軽にできるプチ整形

美容整形には、メスを使っておこなうものと、使わないものがあります。プチ整形は、メスを用いずに施術をするものをさします。埋没法は、糸をまぶたに埋め込んで二重にすることが可能なプチ整形です。ヒアルロン酸を注入して鼻筋を通す施術方法もあります。また、ボトックスを注射して顔の輪郭を小さくする手術などもあります。メスを使わないため、ダウンタイムの期間が短かったり、傷跡が残るリスクなどが低いなどのメリットがあります。

半永久的に持続可能な、メスを使った美容整形

メスを使った美容整形は、本格的に顔のパーツを変えたい人に向いている施術方法です。プチ整形だと、しばらくするともとに戻る場合があります。しかし、切開などをしておこなう美容整形なら、半永久的に維持をすることができます。また、もとのパーツによってはプチ整形をしてもあまり効果がないこともあります。ダウンタイムが長めだったり、傷跡が残るリスクはプチ整形より高まりますが、施術をすることができる個所は広がります。

どちらの施術方法にもメリット・デメリットがあります

プチ整形は、ダウンタイムが短い、傷跡が残りにくいなどのメリットがあります。その反面、効果が長続きしない、人によっては効果が実感できないなどのデメリットがあります。メスを使った美容整形は、施術できる範囲が広い、効果の持続性が高いなどのメリットがあります。デメリットは、ダウンタイムが長い、傷跡が残って目立つ場合があるなどです。実績のある美容整形外科を選択することができれば、傷跡などが残るリスクは低くなります。

外見のコンプレックスから解放されたい人の為の選択肢の1つです。近年では、施術代もリーズナブルになり、美容整形を受けやすい世の中になっています。